音の壁.com

ゲイが独自の視点で音楽トレンドやDTM日記(Ableton)について語るブログ。ポッドキャストもやってます。

ベストアルバムオールタイムリスト100 by Consequenceの感想

Best Album All TIme100

Consequenceによるアルバムオールタイムベスト100がなかなか興味深かったので、軽く紹介。

consequence.net

Consequenceはニューヨーク拠点のオンラインマガジンだそう。

いろんなレビュワーが参加している意欲的な順位になってます。

 

ローリングストーン誌との比較

ねじまきが個人的に印象に残ったものに軽くコメントしていきます。
時間があるときにもっと追記していこうかと。

 

まず驚いたのが、ボブディランの名盤『追憶のハイウェイ61』がなんと74位。
昔はTOP10の常連だったのにここまでとは。

U2の『The Joshua Tree』は71位
Bonoをネタにしつつも、内容的にはべた褒め。

 

マドンナの『ライクアプレア』が66位。
アルバム的にも『True Blue』とかじゃなくてちょっと意外。

ニールヤングの『After The Gold Rush』は35位。

ビーチボーイズのペットサウンズは6位。
ジョニミッチェルの『Blue』が5位。
ザ・クラッシュの『ロンドン・コーリング』が4位。
個人的にLondon CallingがFavoriteじゃないのでうーんという感じ。

ビートルズの『アビーロード』が3位。

フリートウッド・マック『噂』がなんと2位。

メンバーの死去やTiktokのバズが影響しているのかこの順位。
好きだけど2位はやりすぎじゃないのかな、と個人的には思います。

 

栄光の一位は・・・。

プリンスの『パープルレイン』。

これは個人的に納得ですかね。
数々の映画でのリファレンスやPrinceの影響力を見ても、これは文句なし。

www.nejimakiblog.com

 

NYのメディアということもあって、全体的にヒップホップやブルース、
黒人アーティストのアルバムが伸びている印象。

その一方で、
ローリングストーン誌の新ランキングでは
不遇のランキング外だったザ・ポリスの『シンクロニシティー』がランクイン。
The Police好きなので個人的には嬉しい。

 

こういうのでもっとランク高そうな
フランクオーシャンがそこそこな順位なのがうーん。

 

ケイト・ブッシュが株を上げすぎてる気がするけれど、
SNSの人気を反映した今らしいランキングとえいばそうなのかも。

 

知らないアルバムもいくつかあったので、
しっかり聞き込んでまた感想を書いてみようかなと。

保守的で見慣れたRolling Stone誌のランキングとはまた違うアルバムが載っているので、コンシークエンスのランクもぜひ見てみてください。consequence.net