音の壁ラジオ 

ゲイが独自の視点で語る音楽系ポッドキャスト番組。Spotify Podcastで配信中。

FKJから高田みどりまで ~New Music Friday 2022年6月10日

ジンバブエ音楽からまで

音楽Podcast番組「All Songs Considered」による新アルバム定点観測。
2022年6月10日配信分から、ねじまきおすすめの曲をお届けします。

New Music Friday: FKJ, ELUCID, Nick Mulvey, Mother Nature, Midori Takada : All Songs Considered : NPR

紹介された中で印象に残ったものをいくつか。

※(アーティスト・アルバム名、 そして "曲名" の表示順) で書いてます。

 

FKJ — VINCENT

フランスのマルチインストゥルメンタリストで歌手のFKJ(French Kiwi Juice) の新作。
けっこう好みかも。

"Let's Live"

ジャンルレスな感じがいいなと。

 

"Greener"

雰囲気がサンタナ×トムヨークって感じで最高。

ちなみにほんとにサンタナとのコラボ曲です。

 

Nick Mulvey — New Mythology

イギリスのシンガーソングライターのニックマルヴェイ。

"Star Nation"

海外を裸足で歩いているような、爽やかな一曲。
これは夏に聴きたいし、リピート確定の一曲。

 

Midori Takada — You Who are Leaving to Nirvana and Cutting Branches for a Temporary Shelter

日本人アーティストの高田みどりさん。

 

下記アルバムを二枚同時発売されたそうです。

・ジンバブエの伝統音楽を演奏した「CUTTING BRANCHES FOE A TEMPORARY SHELTER」

・高野山真言密教の僧侶とコラボした「YOU WHO ARE LEAVING TO NIRVANA」

こちらはジンバブエ音楽のアルバムから。
もっと腰を落ち着けてしっかり聞きたいなと。
Spotifyにはなさげでした。

 

 

Julius Rodriguez — Let Sound Tell All

スティービーワンダー「All I Do」のカバーがめちゃいいのでMV含めぜひ。


 

Shearwater — The Great Awakening

Xenarthran

息をのむようなボーカルがすげぇアーティスト。
細かいニュアンスがほんとにしびれるし、
くちびるの動きがみえてくるような凄みがあります。録音も◎。

 

今回はこんな感じで。

otonokabe.com

 

Twitter→ 音の壁ラジオ (@otonokabe_radio)

 

ねじまき通信で振り返る一年や没ネタ 💌One Last Letter from 2021

www.nejimakiblog.com