音の壁ラジオ 

ゲイが独自の視点で語る音楽系ポッドキャスト番組。Spotify Podcastで配信中。

フジロック2022のYoutube配信をみた感想まとめ

FUJIROCK FESTIVAL

2022年7月29日~に行われているフジロックフェスティバル。
ワインの飲みながらライブ配信の動画みてます。

Youtubeのライブ中継をみたざっくり感想・振り返りをしてみたいなと。

(※随時更新中)

otonokabe.com

 

個人的なメモとして書き溜めてるので、
読みにくさMAXだと思いますが、その辺はご了承ください。

 

1日目

ジョナス・ブルー

ジョナスブルーのDJライブ。
ラスト15分かなりアガッた!!

日本語の煽りもけっこううまくて、さすがに世界のDJだな、と。

Jonas Blue×BE:FIRSTな一曲「Don't Wake Me Up」も中盤にかけてました。

パーティー向けながらも緩急つけてて、EQの使い方もうまい。
一時間丸々、パリピな気分になれました。

以前オンラインで参加した「添い寝ライブ」の印象が強く、
こんなに激し目だというのは知らなかったけど楽しかったです。

セトリは誰かにまかせよう・・・。

ジョナスブルーの添い寝ライブにオンライン参加した感想 - 世界のねじを巻くブログ

 

ヴァンパイア・ウィーケンド

Vampire Weekend、一曲目からガリガリギターソロを弾いてて最高だな~と。
日本語MCもけっこう喋ってて笑った。ゆるくていいねVWのライブは。

バリバリという小さなノイズみたいなのが聴こえてて、
自分だけかな、と思ってたらやっぱり音声トラブルがあったみたいで。

そんなに熱心に聞いてたバンドじゃないけど、
懐かしい曲も演奏していて◎
「Harmony Hall」からの流れが特に良かった。

 

ボノボ

ライブでははじめてみるかも。
そんなに知らないアーティストでしたが、
民族的な音のサンプリングとかストリングスとか、かなーり好みかも。

 

2日目

オレンジレンジ

一曲目から「花」、「以心電信」「祭男爵」と
昔のヒット曲連発で懐かしい、のひとこと。

沖縄復帰50周年や戦争についても言及していたのが◎

インタビューでパティースミスについて語ってたり、
ルックス的にもいい老け方してんなぁ、と思いながらみてました。

 

フォールズ

一曲目から演奏力ばっちし。過去のロックテイストな曲から新作アルバムのダンスミュージックまで楽しませる気MAX。

映像演出もロゴを映すだけの最低限で変に飾らないところもさすが。

The Soundやってほしかったな…

 

ジャックホワイト

はじまりからJamっぽい演奏であげあげ。
ホワイトストライプの頃から体格も声も全然変わったよな~

キーボードの演奏が素敵だった。

「Saven Nation Army」大合唱はCorneliusに移行したので見逃しました…

 

コーネリアス

なんといっても小山田圭吾。
VJがすげーのなんの。
「Another View Point」の民族音楽のサンプリングが特によかった。

 

 

3日目

ブラックカントリー・ニューロード

楽器の種類が豊富でCDとは違うコンサートの魅力かでてた。チャプター1,2とか数えていくのも◎

メンバーみんな歌えるみたいで今っぽいなと。

 

パンピー

コロナの影響で、単独ライブ・神戸フェスとキャンセル続きのPUNPEE。ようやくフジロックでコンサートみれる、ということで期待大でした。

ドローンやキャラクターが舞台に登場などギミックがたくさんあって、音もリアル感あってよかった。新曲もゆるくて好き。

Zeebraが登場した瞬間もアツかった!

 

モグワイ

フジロックといえば伝説のMogwai。
新作がよかったので、パフォーマンスも安心してみれました。
今年はほんとにギターロック強し!な年で、こういう歪み系のギターは
やっぱり現地じゃないと体感度合いが全然違うだろうなぁ~と思いながらみてました。

 

音響機材トラブルがあったものの、
音質はライブ感を損なわないミックスでかなりいい感じ。画質はまあまあ。

(PAさんお疲れ様です)

 

YouTubeの生中継にはAppleでもサムスンでもなく、グーグルPixelのCMが入ってたのも興味深く、Googleがフジロッカー層に力を入れてるのはなるほどなあ~と思いながらみてました。

またYouTubeのチャットを閉じた影響か、逆にTwitter上で感想がつぶやかれまくって、露出が増えているのもおもしろいなと。

サマソニは今年もチャットなしになるんでしょうか。

そんな感じで感想をざっくり書いていこうかと。

 

宇多田ヒカル@コーチェラ2022をみた感想 - 音の壁ラジオ

otonokabe.com