音の壁ラジオ 

ゲイが独自の視点で語る音楽系ポッドキャスト番組。Spotify Podcastで配信中。

イビビオサウンドマシーンからオーネットコールマンまで ~New Music Friday 2022年3月25日

エレクトロアフロファンクがすごい

音楽Podcast番組「All Songs Considered」による新アルバム定点観測。
2022年3月25日配分から、ねじまきおすすめの曲をお届けします。

Every Noise At Once:あらゆる音楽ジャンルを網羅したウェブサイト - 音の壁ラジオ

New Music Friday: The top 5 albums out on March 25 : All Songs Considered : NPR

紹介された中で印象に残ったものをいくつか。

※(アーティスト・アルバム名、 そして "曲名" の表示順) で書いてます。

 

Koffee — Gifted

"Shine"

本場ジャマイカからのレゲエアーティスト、コーフィー

 

歌詞も社会問題に触れるものも多いらしく、この曲ももちろんその内の一曲。

ボブマーリーをサンプリングした一曲目の「1 x10」、
ラストの「Lockdown」など良い曲ばかり。

レゲエって有名どころしか聴きませんでしたが、
シーンとしてほんとに進化してるんですね・・・。

半年前に紹介した現代的なレゲエアルバム『Ekundayo Inversions』を
ふと思い出しました。

www.djnejimaki.com

 

Ornette Coleman — Genesis of Genius: The Contemporary Albums

"Lorraine"

ジャズのサックスプレイヤーといえば、オーネットコールマン。

今回紹介するのは、

ピアノなしだから意図がよりわかるという代物。

今聴いても新しいフリージャズです。

 

Ibibio Sound Machine — Electricity

ロンドンのエレクトロアフロファンクグループである、
イビビオサウンドマシーン。

これ年間ベストに入るぐらい好きかも。

"Protection from Evil"

 

 

 "Truth No Lie"

 

f:id:popmusik3141:20210807211925j:plain

今回はこんな感じで。

otonokabe.com

Twitter→ 音の壁ラジオ (@otonokabe_radio)

 

ねじまき通信で振り返る一年や没ネタ 💌One Last Letter from 2021

シャミールの「ゲイアジェンダ」歌詞和訳の試み - 世界のねじを巻くブログ