音の壁ラジオ 

ゲイが独自の視点で語る音楽系ポッドキャスト番組。Spotify Podcastで配信中。

「音楽の未来に関する12の予測」を読んで印象に残ったこと

音楽業界の将来

Ted Gioia氏による「12 Predictions for the Future of Music」が
なかなか興味深かったので軽く紹介したいと思います。

tedgioia.substack.com

f:id:popmusik3141:20210121224526p:plain

Ted Gioia氏は「あくまで占いにすぎないが・・・」という感じの前置きしたうえで、
今後10年における
「音楽の未来に関する12の予測」ニュースレターを投稿。

個人的におもしろいな、と思ったのは下記。 (※ざっくりまとめです)

 

  • Fortniteのようなビデオゲームが
    いわゆる"音楽サービス"よりも音楽をより良いものにしてくれるかも


  • 音楽は知っているけどアーディスト名は知らない、という現象が起こりやすくなる
    ex:「あのランニング用のプレイリストに入っていたヤツ」


  • 亡くなったアーティストがホログラム、伝記、ディープフェイクボーカルなどで
    "復活"し、生きているアーティストの収益を圧迫しはじめる


  • 死んだミュージシャンがライブツアーをするようになり、
    コストが下がればどこのバーでもエルビスプレスリーのショーを見られるようになる


  • 人々が聞く音楽を以前まで決めていた
    ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンから、パワーシフトが起こり、
    アフリカからのA-Pop、
    インドまたはインドネシアからのI-Pop、
    ラテンアメリカ、中国、東ヨーロッパなどの音楽が力を持つようになる


  • 「音楽の利益」の大部分は、収音楽業界に再投資する関心がないテクノロジー企業(Apple、Googleなど)に支払われる


  • 音楽の技術革新は今までの音楽業界の外から生まれる。


  • 人間のつながりで生まれる"コネ"的なものはいつになっても失われない


  • 音楽は"音楽"というジャンルにとどまらないものになる

 

なんか悪い方向の予測が多く、
良い未来が見えにくいですが、
10年もすれば今とは全く別の世界になっているかもしれませんね。

個人的にはホログラムで生以上のライブ体験ができるように
早くなってほしいな、と思ってますがまだまだですね。・・・。

日本の音楽業界も海外勢に負けじと頑張ってほしいところ。

 

音楽アーティストの"語彙力"を比較したランキング - 音の壁ラジオ

 

 

otonokabe.com